<!-- $siteTitle --> CONCEPT STORE

news

ニュース

ロードバイクとは

ロードバイクとは

  • 新宿
  • 銀座
  • ニュース

SPECIALIZEDではロードバイク・マウンテンバイク・クロスバイクと様々な自転車を取り扱っています。

この記事ではその中のロードバイクにフォーカスを当て、そもそもロードバイクとはどういったものなのかについて紹介したいと思います。

ロードバイクの特徴

改めてロードバイクとは何かを考えてみたいと思います。色々定義はありますが、纏めると「舗装路を速く、遠くまで、楽に走るための自転車」です。特徴として「軽い・前傾姿勢・特徴的なハンドル・細めのタイヤ」に加えて、これはスポーツバイク全般に言えることですが「サイズ展開がある」という事です。

まず「軽い」というのは登りで楽に、速く、走る為に重要なファクターです。

ロードバイクにおいて剛性やエアロといった他の要素を同一にした場合より軽いほうが速いと言われています。その為、軽いモデル=高いようになっています。

ロードバイクの乗車姿勢

続いて前傾姿勢についてですが、初めてロードバイクに乗っている人を見たときに危なそうとか辛そうといった感想を抱く方もいらっしゃるかと思います。しかし、これには理由があります。ロードバイクは時には100kmを超える距離を走りますが、それをシティサイクルで走ると、1番起きるのはお尻がとても痛くなることです。ロードバイクの場合あの前傾姿勢になることにより重心が前に移るようにます。

そうすることで、「サドル・ペダル・ハンドル」の3点に荷重が分散され、長時間乗っていても疲れにくくなります。

荷重の分散にはあのロードバイク独特のハンドルも一役買っています。ドロップハンドルはさまざまな所を握れる形状になっている為、姿勢を変化させることができ上半身への負担を減らします。

ロードバイクのサイズ

そして、重要なのがサイズ展開があるという事です。

現在SPECIALIZEDのロードバイクは7サイズの展開があります。ライダーの身体に合ったサイズのバイクに乗ることによって最高のパフォーマンスが発揮できるようになっています。

しかし、初めての方はどのサイズが良いかわからないと思います。そこで、SPECIALIZEDではMATCHというサイジングシステムを用いて、適正なサイズの提案をさせて頂いています。

ロードバイクの形状

各メーカーのロードバイクを見て頂くと、どこも基本的なフレームの形状は似通っているように見えると思います。

これには理由があり、UCI(国際自転車競技連合)という自転車のあれこれを決めている機関が規格を定めているからです。その中の1つに「3角形が2つできるようにすること」というものがあるので、ロードバイクは似通った形状をしているのです。

他にも「レースではバイクの総重量の下限が6.8kg」といったルールがあり、各メーカーはその制約の中で素材を厳選したり、できるだけ良い形状を探ったりし、他のメーカーとの違いを出そうと頑張っています。

また、そういった規定のないトライアスロンのバイクは凄く奇抜で近未来的なデザインのものが多いです。

ロードバイクの構成

構成は大まかに分けると「フレーム・フォーク・ハンドル・ステム・シートポスト・サドル・ホイール・ブレーキ、変速システム」と、この8つに分けられます。SPECIALIZEDでは8つのうち「ブレーキ、変速システム」を除いたすべての物を自社で作っています。

この8つの構成ですが、さらに「フレーム・フォーク」「ハンドル・ステム・シートポスト・サドル・ホイール」「コンポーネント」の3つに分けることができます。その中でフレームとフォークはまさに自転車の基礎となる部分で自転車メーカーが主に作っている部分です。素材は主にカーボン・アルミ・クロモリの3つです。それぞれの特徴は

カーボン:軽い・振動を減退するのが早い・設計自由度が高い

アルミ :頑丈・ダイレクト感のあるペダリング・安価に作れる

クロモリ:クラシカルな見た目・しなやか

となっています。

また、素材ごとの価格の違いや製造にかかるコストが価格に影響しています。現在ハイグレードロードバイクのほとんどはカーボン製です。

SPECIALIZEDではFACT CARBON FIBERが使われています。このFACTとはFunctional Advanced Composite Technologyの略で、日本語に訳すと機能的先端複合素材技術といいます。これはカーボン素材の番手を表しているものではなく、いろいろなカーボンをSPECIALIZEDブレンドにして、良い性能が出るようにしているという事です。

コーヒーをイメージして頂くと分かりやすくて、ブラジル産やコロンビア産といった豆単一ではなく、それを混ぜてブレンドにして狙った味を出しているのと似ています。

各カーボン製ロードバイクのスペック表のフレームの欄を見て頂くと「FACT 〇r carbon」と表記があります。〇部分には数字が入っていて、この数字が高いほど、高性能になるように作られています。そして、この技術は他のホイールやハンドルといったカーボン製品にも活かされています。

ロードバイクの魅力

ここまでロードバイクの基本的な知識について等紹介してきましたが、ロードバイクの最大の魅力は「自己成長を実感しやすい」ところにあると思います。

例えば、「レースに出て完走できた」からゆくゆくは「入賞できた」と他人と競ったり、「ロングライドで100km走れた」「峠で足をつかずに登れた」といった自分に合った目標を立ててクリアすることもできます。

もちろん運動なので疲れますが、それ以上に達成感がありますし、健康にもなります。ごはんもおいしくなるので、気の合う仲間と一緒に走って食事をするのも楽しいですし、観光地や絶景を求めて走るなんてこともできます。他にもパーツをカスタムして、自分オリジナルの1台を作り上げるのも楽しいです。

そんな楽しみを秘めたSPECIALIZEDのロードバイクのラインナップや今回ご紹介したテクノロジーの詳細は下記URLよりご覧ください。

ロードバイク:https://www.specialized.com/jp/ja/performance-road-bikes

Rider-First Engineered™:https://www.specialized.com/jp/ja/rider-first-engineered

MATCH:https://www.retul.com/match-1

FACT CARBON FIBER:https://www.specialized.com/jp/ja/fact-carbon-fiber

ページの上部に戻る